[新聞試譯] 日本首次確認國內有 謎之蝙蝠 的繁殖紀錄

謎のコウモリの繁殖確認 日本初、動物写真家発見

日本首次、由動物攝影師發現某種「謎之蝙蝠」的繁殖


国内での報告例が少なく、環境省のレッドリストで情報不足とされている「クロオオアブラコウモリ」が札幌市内で繁殖しているのが1日までに確認された。同市在住の動物写真家、中島宏章さん(44)が発見した。繁殖が確認されたのは日本で初めて。

本月 1 日,在日本鮮有報告、在環境省紅皮書上資訊不多的 「黑大油蝙蝠(クロオオアブラコウモリ,Pipistrellus savii velox)」被確認正在札幌市繁殖。該物種由居住在本市的動物攝影師中島弘明(44)發現。

※暫譯,應該是薩氏伏翼下的亞種,有請八卦板蝙蝠專家幫忙補正式的中文名字。Pipistrellus savii velox(クロ - オオ - アブラ - コウモリ)(黒 - 大 - 油 - 蝙蝠)

クロオオアブラコウモリは翼を広げると大きいものでは約25センチで、東アジアやロシア極東部に生息。これまで日本での報告例は15匹にとどまる。

黑大油蝙蝠展開翅膀時可寬達 25 公分,主要棲息在東亞和俄羅斯遠東地區。迄今為止,日本僅有 15 例報告。

中島さんは会員制交流サイト(SNS)で同市の学校付近にコウモリがいるとの情報提供を受け、平成29年7月から学校周辺で観察を開始。同9月に周辺で見つかった死骸をコウモリの調査をしている「道東コウモリ研究所」(大空町)に持ち込んだところ、研究所がことし3月に歯などの特徴から死骸はクロオオアブラコウモリの幼体で繁殖していると認められると判断した。

中島先生在 SNS 上得到該市學校附近有蝙蝠棲息的資訊,並於 2017 年 7 月開始在學校附近進行觀察。同年 9 月,他把在附近發現的蝙蝠屍體帶到正在研究蝙蝠的「道東蝙蝠研究所」(大空町)研究。從牙齒等特徵來判斷,該屍體約為三個月大小的幼體蝙蝠,因此判斷該種蝙蝠已經有繁殖現象存在。