[新聞試譯] 德國裝設口罩自動販賣機 每片180元台幣

ドイツ、全州でマスク着用義務開始 自販機でのマスク販売も

德國全邦開始要求義務性戴口罩 自動販賣機也開始賣口罩


【ベルリンAFP=時事】ドイツで 27 日、公共交通機関と大半の店舗でのマスク着用 義務が始まった。新型コロナウイルス対策としてマスク着用を義務付ける国が増えており、ドイツではマスクの自動販売機での販売も始まった。(写真はドイツ首都ベルリン で、マスクを着けた路面電車の利用客)

【柏林法新社 = 時事報導】自本月 27 日開始,德國當局要求有義務在公共運輸工具上、和進入多數商店時需要戴口罩。同時,也有越來越多的國家要求戴口罩,以對抗新型冠狀病毒疫情。在德國,已經開始透過自動販賣機來販售口罩。 (照片為一名戴口罩的乘客搭乘德國柏林的路面電車)

今週からドイツの16州すべてで公共の場でのマスク着用が義務付けられたが、地域差が大きい。ベルリン州(特別市)の規則では、マスクの着用を義務付けられるのは公 共交通機関のみで店舗では不要。違反者に対する罰金もなく、最も緩い内容。

從本週開始,德國境內 16 個州都要求必須在公共場所裡戴口罩,但每個地區之間的差異很大。根據柏林邦(特別市)的規定,只有在商店內、或是搭乘大眾運輸工具時才需要戴口罩。但對違反者並沒有任何罰款,是最寬鬆的。

一方バイエルン州の規則では、違反者には150ユーロ(約1万7000円)の罰金 、店員にマスクを着用させない場合、経営者に5000ユーロ(約60万円)の罰金が 科される。ベルリン動物園駅では、駆け込み購入者向けに再使用できるマスクを自動販売機で1枚5・50ユーロ(約640円)で販売している。

另一方面,巴伐利亞邦的法律規定為,對違規者處以 150 歐元(約 17,000 日円,4,800 元台幣)的罰款;而對不準店員戴著口罩的企業主,將處以 5,000 歐元(約 60 萬日円,161,000 元台幣)的罰款。在柏林動物園站,人們可以透過自動販賣機買到可重複使用的口罩,每片售價為 5.50 歐元(約 640 日元,180 元台幣)。

ドイツは都市封鎖(ロックダウン)が徐々に緩和し始めている。小規模店舗や自動車販売店、一部の学校はすでに再開が認められ、他の制限の緩和に向けて計画策定が進んでいる。ドイツの新型コロナウイルスの感染者は15万5000人超だが、死者は5700人余りで、ドイツでの致死率は世界で最も低い水準にある。【翻訳編集AFPBBNews】

德國正在逐步鬆綁封城計畫。許多小型商店、汽車經銷店和一些學校已經被准許恢復營業,並且正在計劃放寬其他限制。儘管在德國已經有超過 155,000 人確診新型冠狀病毒,但死亡人數卻僅 5700 多人,死亡率為世界最低。

〔AFP=時事〕