[新聞試譯] 逼確診護理師繼續上班 日本爆發群聚感染

陽性の看護師に勤務命じる 「代わりの人がいなかった」集団感染の大阪の病院

「沒有可以代班的人了」 要求陽性的護理師繼續工作 大阪醫院爆發群聚感染


職員ら120人以上が新型コロナウイルスに集団感染した大阪市の病院で、陽性反応の出た看護師に勤務を続けさせていたことがわかりました。大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」では、22日までに医療従事者や患者ら、あわせて122人の感染が確認されています。

大阪市一間職員超過 120 人的醫院爆發新型冠狀病毒的群聚感染,調查結果發現,有確診陽性反應的護理師繼續在院內工作。位於大阪府大阪市生野區的「なみはやリハビリテーション病院」直到本月 22 日為止,已經有 122 人確診,這個數字包含了醫務人員和院內的患者。

大阪市保健所によりますと、この病院は、女性看護師がPCR検査で陽性と判明した後も、20日から翌日朝まで勤務を続けさせていたことがわかりました。女性看護師はその後、保健所からの指導で帰宅したということです。女性看護師は感染者だけが入院する病棟に勤務していて、感染していない患者との接触はなかったとみられます。病院側は保健所の調査に対し「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」と話しているということです。

據大阪市保健所的調查發現,該醫院的女性護理師,即使已經由 PCR 檢測呈現陽性,從 20 號到隔天早上仍繼續上班。在這之後,該名女護理師在保健所的要求下已經回家。據了解,該名女護理師均在確診病例的病房裡面工作,並沒有與未感染的病人接觸。醫院對保健所表示:「我們曾經想要安排代班的人,但由於找不到人手,只好要求她繼續工作。」

感染した看護師の同僚の女性看護師がABCテレビの取材に答えました。(Q.病院はPCR検査で陽性反応が出たスタッフを働かせていた?)「はい、そうです。私、そのことがあり得ないと思って。上司から『陽性の人と勤務して下さい』と、はっきり言われた。スタッフの安全が保証されていない状態だと、満足な医療や看護の提供が難しい。満足な医療・看護が提供できないのは医療従事者としても、ものすごくつらい」。

以下是這名確診護理師的同事、另一位女護理師接受了 ABC 電視台的訪問。 (ABC 電視台:在醫院裡,你們是不是和 PCR 陽性的員工一起工作?)「沒錯,雖然我認為那是不可行的,但我的上司明確的表示『請與確診陽性的人一起工作』在不能保障醫院人員安全的情況下,就很難提供令人滿意的醫療服務。而對醫護人員來說,若沒辦法提供滿意的醫療、照護服務,我們也很難過。」