[新聞試譯] 大阪大東市向中小學生發一萬日円現金紓困

小中学生 1 人につき 1 万円給付 全国初、コロナ対策で 大阪府大東市

大阪府大東市因應疫情 向每位中小學生發放一萬円 全國首見


48 (水) 19:34 配信時事通信

 大阪府大東市は 8 日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う家計の負担増に対応するため、市内の全家庭に、小中学生の子ども 1 人につき 1 万円を給付すると発表した。市によると、新型コロナ対策で小中学生がいる全家庭に現金給付するのは全国初とい う。

大阪府大東市在 4 月 8 日宣布,為了應付因新型冠狀病毒疫情的擴大而為家庭帶來的日益沉重的負擔,針對市內所有家庭,只要每擁有一位中小學生,政府便會給付 10,000 日円。該市表示,這是日本第一個以「家裡有小學和國中學生」為對象,提供現金給付的抗疫政 策。

市内在住の小中学生は約 9500 人で、近く各家庭に申請書を郵送する。公立、私立は問わない。市は 5 月 6 日までの小中学校の休校を決めており、期間中の子どもの昼食代などに充ててもらう。市の担当者は「市は子育てに力を入れている。今は緊急時なので特に手厚く対応していきたい」と話している。 

該市目前大約有 9,500 名中小學生,申請表會透過郵寄方式盡速送達每個家庭。無論孩子就讀的是公立還是私立學校都可以申請。該市已決定直到 5 月 6 日為止,持續關閉小學和國中,這筆錢將用來支付兒童在此期間內的午餐費用。一位市政官員說:「這座城市會努力撫養孩子長大。因為現在是緊急情況,我們得格外慷慨。」